ギャラリー新居東京
トップページ展覧会作家紹介新着作品画廊案内リンクお問い合わせ

作家紹介

荒木 高子 TAKAKO ARAKI

荒木高子は、「書物の中の書物」と言われる聖書を陶器で作ります。 高温の火で焼き固められることによって、宗教的な営みも、作者の 造形的な人為の痕跡も浄化された聖書は、人知の及ばないものに 対する原初的な畏れや悲しみといったものを感じさせます。
「徳島県立近代美術館ニュース 42」 (2002年7月号)より転載

●略歴
1921 西宮市に生まれる。
1961 渡米。ニューヨーク市アートスチューデントリーグで彫刻を学ぶ。
1963 西宮市甲陽園に築窯。京都市立工芸試験所に陶芸を学ぶ。
1974 カップ国際展に出品。
1979 日本陶芸展最優秀作品賞受賞。
第37回ファエンツア国際陶芸展二席受賞。
第4回井植文化作品賞受賞。
1980 第7回ヴァロリス国際陶芸展出品。
1981 西宮市文化賞受賞。
1987 ニューヨーク、エヴァソン美術館にて個展開催。
1996 西宮市大谷記念美術館にて個展開催。
1998 ギャラリー新居 東京店にて個展開催。
2004 死去。
荒尾純「バスティーユの台所」
「Pocket Bible」




トップページへ ■ 作家紹介のページへ ■ このページのトップへ