ギャラリー新居東京
トップページ展覧会作家紹介新着作品画廊案内リンクお問い合わせ

作家紹介

笹戸 千津子 CHIZUKO SASADO

●略歴
1948 山口県徳山市に生まれる
1966 東京造形大学入学、佐藤忠良の彫刻教室第1期生になる
1970 東京造形大学美術学科彫刻専攻卒業、同大学彫刻研究室に入る
1971 第35回新制作展に初出品、以後毎年出品を続ける
1973 東京造形大学彫刻研究室を修了
同時に佐藤忠良のアトリエにて制作を始める
1974 第38回新制作展に出品し新作家賞を受賞
1975 第9回現代美術選抜展 (主催=文化丁)に出品
現代彫刻センターの新人展に出品
1976 第40回新制作展に出品し新作家賞を受賞
1977 第41回新制作展に出品し、新制作協会会員に推挙される
第1回6彫展を開催、以降第10回まで毎年出品
文化庁主催の第11回現代美術選抜展に出品
現代彫刻センターの新人展に出品
1982 第3回日本の美・現代女流美術展に出品、以後毎年出品を続ける
1983 東京の現代彫刻センターで個展を開催し、これが初の全国巡回展へと発展する
1987 第18回中原悌二郎賞・優秀賞を受賞
1988 現代彫刻・1980年代の作家たち展(東京、仙台)に出品
彫刻6展1988を開催
佐藤忠良をモデルに「彫刻家」を制作
1989 現代具象彫刻の奔流展に出品
同展は1990年まで大阪、名古屋、東京、札幌を巡回
1991 真髄を求めて・彫刻4人展に出品
1992 3人展を開催
現代彫刻4人展に出品
第8回現代作家タピストリーと彫刻展に出品
1993 創造する女性たち現代彫刻の五人展に出品
第9回現代作家タピストリーと彫刻展に出品
第7回神戸具象彫刻大賞に招待出品し、準大賞受賞
1994 すまい20年の歩み展に出品
1997 ブロンズの華 笹戸千津子展を開催
1998にわたり徳山市美術博物館など5会場を巡回
個展(ギャラリー新居大阪本店)
1999 佐川美術館 佐藤忠良と笹戸千津子の足跡を開催
2000 個展(ギャラリー新居東京店)
笹戸千津子「奏」
「奏」



トップページへ ■ 作家紹介のページへ ■ このページのトップへ