ギャラリー新居東京
トップページ展覧会作家紹介新着作品画廊案内リンクお問い合わせ

作家紹介

谷川 晃一 KOICHI TANIKAWA

●略歴
1938 東京に生まれる
1963 読売アンデパンダン展に出品
1964 「記号の増殖」シリーズで最初の個展を開催(内科画廊/東京)
30代の頃から絵画制作と並行して美術批評など文筆活動も開始
1988 東京から伊豆高原に転居。生活シーンが変わり、画風も変化
プリミティブ・アート、フォーク・アートへの関心を深める
1990 池田20世紀美術館で回顧的な個展を開催
1992 ニューメキシコ州サンタフェで作品発表
アメリカ南西部の荒野に魅かれる
1993 「伊豆高原アートフェスティバル」を企画開催 以後継続
1994 伊丹市立美術館でデッサンによる回顧的な個展を開催
1996 個展「1000点のデッサン」展 (ギャラリー池田美術/東京)
個展「1000点のデッサン」展 (ギャラリー新居/大阪)
1997 個展「谷川晃一展」(日本平美術館/静岡)
個展「谷川晃一新作展」(ギャラリー新居/東京)
1998 個展「谷川晃一パステル新作展」(ギャラリー新居/東京・大阪)
1999 個展 「谷川晃一新作展・ツバメの季節」(ギャラリー新居/東京・大阪)
2000 絵本『ウラパン・オコサ』で日本絵本賞受賞
『谷川晃一の自由デッサン塾』放映(NHK教育テレビ)
個展「昨日今日明日展」(ギャラリー新居/東京・大阪)
2002 個展「谷川晃一パステル画展」 (bunkamuraギャラリー/東京)
2004 個展「海のクレヨン」(ギャラリー新居/東京)
2005 田島征三・谷川晃一・宮迫千鶴 三人展(練馬区立美術館)

●パブリックコレクション
国立国際美術館     東京都現代美術館
世田谷美術館      愛知県立美術館
徳島県立近代美術館 高松市美術館
新潟市美術館 伊丹市立美術館
佐久市立近代美術館 池田20世紀美術館
横浜市民ギャラリー 山中湖美術館
湯布院空想の森美術館 信濃デッサン館
メトロポリタン美術館 宇都宮市立美術館
攻玉社学園

●美術評論集・評論集
『視線はいつもB級センス』(現代企画室・1981)
『今日の美術とサブカルチャー』(国文社・1984)
『毒曜日のギャラリー』(リブロポート・1985)
『がらくた桃源郷』(勁草書房・1988)
『戦後風景と美術』(風媒社・1995)
『絵はだれでも描ける』(NHK出版・2003) など

●画集
『線の旅人たち』(トムズボックス・1996)
『記憶の街』(ギャラリー新居・1997) など

●画文集
『パステルと月』(日貿出版社・1999)
『デッサン・ノート』(NHK出版・2002)

●詩画集
『ベランダの月』(ネット武蔵野・2003)

●絵本
『ウラパン・オコサ』(童心社・1999)
『うたがきこえる』(光村教育図書・1999)
『へんしーん』(偕成社・2000)
『青い星』(ビリケン出版・2003)
『おんどりボルケ』(福音館・2003)
『クロウのともだち』(福音館・2004)
『ふわふわ もくもく』(福音館・2004)
『お月さまにげた』(毎日新聞社・2005)
谷川晃一「午後の窓」
「午後の窓」



谷川晃一「午後の窓」
「ツバメと火山」


トップページへ ■ 作家紹介のページへ ■ このページのトップへ